兵庫県高砂市の鍼灸院・接骨院 灸頭針を主体とした治療を行っております。

自律神経失調症と鍼灸治療

自律神経失調症と鍼灸治療

自律神経失調症の西洋医学の処方

193370西洋医学では、症状を緩和させる薬を処方しながら自律神経の回復を待ちます。
症状を抑える薬の効果はすばらしいものですが、症状は繰り返し起こります。
薬は症状を一時的に抑制するものであって、病の根本原因(=冷え)を取り除くものではないからです。

▶ KOBA鍼灸院のブログ記事、「自律神経失調症状」に関する記事はこちら

体全体を見直し、自律神経失調症の根本治療を目指す

一方、東洋医学では自律神経失調症の根本原因である「根元的な冷え」に着目して治療を行います。
一度崩れてしまった自律神経のバランスは、ご自身の力だけでは回復が難しい場合があります。
KOBA鍼灸院では、「自律神経失調症の根本原因である冷えを解消し、自己治癒力を高めて治癒を導く」という根本治療を行っています。
はりとお灸で、気血のめぐりを良くして「冷え」をとり、低下してしまった自己治癒力の回復を促します。
また、自律神経失調症の根本原因(=根元的な冷え)を取り除くためには、鍼灸治療とともに生活習慣を見直すことも大切です。
西洋医学の治療と東洋医学の治療

KOBA鍼灸院の自律神経失調症の鍼灸治療

269843はりとお灸で冷えを取ることで自己治癒力が回復し、自律神経失調症をはじめ、不定愁訴、更年期障害、不妊、月経不順などの症状が和らいでいきます。
このように、東洋医学は、1つ1つの症状よりも、根本の原因に対して治療を行うという特徴があります。
また、生活習慣、体質、精神状態などその人の全てを診察の対象としています。

自律神経失調症のように、人により症状が千差万別、あるいは、同じ人でも日によって症状が変わるような疾患に対して、鍼灸治療は力を発揮します。

お問い合わせ
交通事故によるケガの治療
スポーツ障害
肩こり・腰痛
自律神経失調症
更年期障害
鍼灸治療で健康に
各種保険取り扱い
耳寄りお知らせ情報
よくある質問
ブログ
Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30  
休診日
こちらからお気軽にお問い合わせください
耳寄りお知らせ情報
よくある質問
交通事故によるケガの治療
スポーツ障害
肩こり・腰痛
自律神経失調症状
更年期障害
鍼灸治療で健康に
各種保険取り扱い
ブログ
Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30  
休診日